使えばどんどん古くなってしまう!必要な工事を行なうんだ!

Interior

工事の特徴

給排水工事とはどのようなものか

給排水工事というのは建物で水を使用したり使用した水を排出するための管を敷設する工事のことです。上水道は浄水場から道路の下などに敷設されている水道管を通って私たちの家に届けられています。造成地などでは住宅に水が供給できるようにまた、使用した後の排水を汚水処理場まで運ぶための配管が道路下などに設置されています。しかし新しく住宅を建築する場合にはそこから宅内まであるいは宅内にあるマスと建物までをつながなくてはなりません。雨水は雨水で別に側溝などに排出するために敷地内に配管が通っているのです。 この給排水工事というのは屋外の工事になるので多くの建築会社では別途費用を見積もっていて建物本体価格に含まれていないケースが多いのです。しかし給排水工事を行わなければ実質住宅に住むことは不可能なのです。

敷設されている配管の材質

昔は敷設する管に鉄を使用していました。鉄ですから当然錆びたり錆によって水漏れが発生してしまいます。水漏れが分かって修理したとしても修理していない個所も同等に錆は進行しているケースがほとんどで経年によるトラブルを避けることが難しかったのです。しかも一度埋設してしまうと取り出したり補修することも難しいのです。 近年では塩ビ管が使用されるようになりました。塩ビ管は上からなど圧力がかかることで破損することもあります。ですからより慎重に給排水工事計画を立てる必要があるのです。とはいえ敷設してしまえば比較的劣化しにくく鉄管と比較すると経年によるトラブルも少ないのです。何よりも鉄管とは比較にならないほど軽いので持ち運びが楽で工事業者の負担は軽くなるなどたくさんのメリットがあるのです。